糖尿病になってしまう要因は様々|インスリンが大きく関係している

男女

インスリンと血糖値

医者

糖尿病とは血液中のブドウ糖が増え慢性的に血糖値が高くなる病気です。血液中のブドウ糖は増加すると膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが作用し、各組織がブドウ糖を取り込むことでその量が一定に保たれています。糖尿病はこのインスリンの作用が低下したり分泌量が不足することが原因で発症します。糖尿病は進行すると様々な合併症を引き起こすことがあるので注意が必要です。主な合併症として、手足のしびれや重症の場合は壊疽を起こす神経症や目の網膜が高血糖の状態が続くことによって傷付けられ視力障害などが起こる網膜症、肝臓の濾過機能が損なわれる腎症があります。糖尿病と診断された場合は医師の指示に従ってしっかり治療に専念し、これらの合併症を防止することが非常に重要となります。

糖尿病には1型と2型があり、1型は膵臓にあるインスリンを作る細胞が破壊されることが原因で、2型は遺伝的な要因に生活習慣の乱れが加わることで発症します。日本人の糖尿病患者の内9割が2型の患者になります。もともと日本人は体質的にインスリンの分泌量が少ない人が多く、糖尿病になりやすい傾向にあるといわれています。1型は初期に風邪のような症状が表れますが、2型は初めの内は自覚症状をあまり感じません。発症していても気が付かないまま何年も過ごしてしまうケースも多々あります。糖尿病は合併症を防ぐためにも早期発見・治療が重要となります。ですから健康診断は定期的に受けるようにしましょう。また、血糖値が少し高めの場合は糖質や栄養バランスに気を付けた食事を取り、適度な運動を行うようにして日頃から糖尿病の予防を意識した生活を送るように心掛けることが大切です。