糖尿病になってしまう要因は様々|インスリンが大きく関係している

医師と看護師

糖尿病の検査を受ける

食事

糖尿病は自覚症状が少ないと言われていますが、喉や口の渇きなどが見られるなら、疑っておきましょう。検査だけなら特にこだわる必要はありませんが、治療を受けるなら専門の先生がいるところがおすすめなので、紹介してもらい、できれば自宅の近くが良いです。

Read More

型によって異なる治療法

看護師

4つに分類される

糖尿病はインスリン作用の不足によって高血糖状態が慢性的に生じてしまう代車疾患で、高血糖状態が慢性化することによって口が渇いたり体重の減少や体力の低下が生じたり、多飲・多食・多尿といった症状、易疲労感や易感染に陥ってしまうといった症状が現れます。糖尿病には1型と2型、そしてその他の疾患に伴って発症するパターンと妊婦糖尿病の4つに分類されます。1型はインスリン型や若年型とも呼ばれ、先天的なインスリン不足によって発症します。その他の疾患に伴って発症するパターンは、膵疾患や肝疾患などの他の疾患に伴って糖尿病も発症してしまうパターンです。そして妊婦糖尿病は妊娠中に女性ホルモンなどの影響で耐糖能が悪化して発症するパターンで、多くの場合出産後に回復しますが、経験した女性は将来糖尿病を発症しやすい傾向にあるので注意が必要です。そして日本の糖尿病患者の98%以上を占めるのが残った2型と分類されるパターンで日頃の生活習慣によって発症すると言われているものです。言い換えれば糖尿病の98%は日頃の生活の中での予防次第で防げる可能性があるのです。

2型は予防が可能

2型はインスリン分泌の低下やインスリン抵抗性が生じることによって骨格筋などでの糖の利用が悪くなることで高血糖をきたすものです。発症者は40歳以上に多く、多因子遺伝の特性を有していますので、家族の中に2型の患者がいる場合にはより注意が必要です。そして糖尿病は現在の医療では症状を軽減することはできても完治することはできません。ですので、日頃からの予防が大切なのです。予防のために有効な取り組みの一つが定期的な健康診断です。糖尿病は完全に発症する前に数年間の準備期間があります。そのため、定期的な健康診断で病気準備期間に入っていることが確認できれば、そこから本格的な発症を防ぐための取り組みが行えるのです。ですから2型の発症を予防するためには、定期的な健康診断の受診と、日頃からの食生活の改善や有酸素運動を行うことが大切なのです。

インスリンと血糖値

医者

糖尿病はインスリンの作用の低下や分泌量の不足によって慢性的に血糖値が高くなる病気です。病気が進行すると様々な合併症を引き起こすこともあります。ですから糖尿病は早期発見・治療が重要となります。また日頃から生活習慣に気を付けて予防していくことも大切です。

Read More

血糖値のコントロール術

男性

糖尿病には大きく分けて1型と2型があります。成人になってからの発症が多い2型糖尿病では、カロリーの多い食事による内臓脂肪も原因の1つです。食事療法・運動療法・薬物療法を治療の3本柱とします。病院で適切な治療さえ受けていれば、仕事を続けながら従来通りの生活を送ることも十分に可能です。

Read More